法律 留保について

試用期間中の労働契約の特徴について

正社員のような契約期間の定めのない形で従業員を雇う際には、試用期間というものが設けられていることが一般的です。試用期間とは、文字通り雇用における「お試し期間」であり、会社ごとで期間の設定がなされております。この試用期間中の労働契約はどのようなものになるでしょうか。法律的にみると、試用期間中というのは、解約権留保付労働契約が成立している状態であり、本採用された時と比較すれば、解雇など労働契約の解約がしやすい状態となっております。しかし、だからといって解約権を無制限に行使しして良いわけではありません。過去の判例において、留保された解約権を行使できるのは、採用時に知り得なかった事柄を試用期間中に知ることになり、労働契約を解約することに客観的合理性があり、社会通念上も相当とみられるような場合に限られる、とされております。経営者の中には試用期間であれば自由に解雇できると勘違いされている方もおられますが、決して自由にできるものではなく、それ相応の理由が必要であることを認識しておく必要があります。

Copyright(c) 法律 留保 All Rights Reserved.