banner

法律 離婚について

意外と知られていない離婚に関する法律

banner 離婚件数がうなぎ登りの昨今ですから、もはや珍しいものではありません。しかしそれでいて意外にも知られていないのが関連する法律です。夫と妻双方の同意があれば簡単ですが、どちらかが嫌だと言った場合、法律的には色々な条件が発生します。例えば浮気やDVをすると有責とされ、有責配偶者と呼ばれることになります。有責配偶者の側から離婚を請求することはできません。さっさと別れて不倫相手と再婚、というのは案外難しいことなのです。もちろん慰謝料などで話をつけるという方法がありますが、有責じゃない側が意地でも別れないとなると年単位で交渉することになります。逆に有責配偶者への離婚請求は簡単です。有責配偶者が別れたくないと言っても、不倫やDVの証拠さえあればどうにでもなります。ただしこの証拠とは法律的に認められるものでなくてはなりません。単なる写真だけでは弱いということもあります。不倫の場合はそれが継続的関係であるとされる証拠、DVの場合はいつ、どんなふうということを記録しておく必要が有ります。

http://gbul.livedoor.biz/

日本教育フォーラム

http://www.softbank.jp/robot/biz/case/yamada/

https://www.youtube.com/watch?v=WKb-hQiDyG4

自由が丘 七五三撮影

法律 離婚情報一覧

banner
新卒採用、中途採用に限らず、会社からいったん採用内定を出しておきながら、後から無かったことにするとい

採用内定取消の法律的問題

banner
正社員のような契約期間の定めのない形で従業員を雇う際には、試用期間というものが設けられていることが一

試用期間中の労働契約の特徴について

banner
日常生活においては、売買、賃貸借、雇用など様々な契約が存在しますが、いったん契約をするといいながら、

契約をした相手方が冗談を主張した場合の対処法

Copyright(c) 法律 離婚 All Rights Reserved.