法律 留保について

採用内定取消の法律的問題

新卒採用、中途採用に限らず、会社からいったん採用内定を出しておきながら、後から無かったことにするという、いわゆる採用内定取消の労働トラブルがしばしば見られます。暫く前にも、アナウンサーとして報道機関から内定が出ていながら、風俗営業の店舗でアルバイトしていたことを理由に内定が取り消され、裁判になった事例がありました。採用内定はまだ勤務に入っていない状態なので、会社側が取り消すことについて、法律的に何の問題もないように思われます。しかし、過去の判例においては、採用内定は就労始期付解約権留保付労働契約が成立している状態であり、これを取り消すことができるのは、採用当初知り得なかった事実が後から明るみに出たため、内定を取り消すことについて客観的合理性と社会的相当性が認められる場合に限られると判示されております。使用者の方々にとって、採用内定だけで解約権留保付きの労働契約が成立しているというイメージがつきにくいため、内定取消がしばしば起こるものと推測されます。

Copyright(c) 法律 留保 All Rights Reserved.